外反母趾|外反母趾の手術痕の抜糸は、術後二週間程度が目安

外反母趾の手術を終えた後の抜糸ですが、入院中に抜糸をすることはあまりありません。
二週間後くらいに抜糸がされることが多く、その頃にはたいていの患者さんが退院しています。
なので、退院後の外来で抜糸することとなります。
抜糸をした後はガーゼを当てます。
また、傷口がスムーズに術後の経過を辿らないケースもあります。
それは傷口が膿んでしまい、傷を開き膿を出さなければならない場合です。
膿を出したあと数日は自宅で経過を見る必要があり、なるべく入浴なども控えなければなりません。
外反母趾はどこまでも手のかかる病気ですよね。
しかし、治療の終わる日も近く、外反母趾の過去の辛さを思い出せば心は浮き立ってくるのではないでしょうか。