外反母趾|外反母趾の手術の後の痛み、不便さとはどのようなものか

そして、外反母趾の手術のあとは痛いです。
手術の直後だけではなく、丸二日程度は痛いのでそこは頑張るしかありません。
日々じわじわと、場合によっては激痛で苦しめられてきた外反母趾を治したのです。
二日程度の痛みで、毎日の苦痛から解放されたことを思えば頑張ることの出来る痛みですよね。
手術の当日は痛みだけではなく、足の安定もままなりません。
特に両足の外反母趾を手術した場合は、トイレもベッドの上でしなければならないこともあります。
と言うのも、ベッドから車椅子へ乗り換え、そこから便座へ座る作業は手術当日の足には相当な負担となるからです。
翌日からは、痛みはあるものの松葉杖である程度の行動をとれるようになるので当日は多少の我慢が必要です。