外反母趾|安全を一番に優先した、安心の外反母趾手術の現場

さて、外反母趾の手術とはこのような経過を辿ります。
幹部である骨の固定が終われば、ポータブルX線写真を撮ります。
固定材料が適切な一にあるか、矯正が適切になされているか、それらをX線でチェックします。
X線写真に問題がなければ、手術創を洗浄し、傷を縫い合わせて閉じます。
傷口にガーゼを当て、滅菌した包帯を巻き、ギプスを当てます。
ギプスを当てたその上から更に包帯を巻き圧迫固定します。
これらの作業が終了すれば、空気止血帯から空気を抜いて足への血流を再開させます。
数分したら、麻酔をさましますが、気管に通したチューブは自発呼吸がしっかり確認されてから外します。
これで、外反母趾の手術が全て終了しました。
手術の手順を見ていると、安全を一番に優先した医療の現場のことが少し分かったような気がしますね。

ぱっちり目に整形して別人みたい☆

最新投稿

  • 外反母趾|外反母趾の手術が終了すれば、そこから始まる入院生活

    外反母趾の手術が終了したならば、ここからが入院生活になります。
    病室へ戻るとベッドへ寝転び、手術した足 …

    続きを読む...

  • 外反母趾|外反母趾の手術の後の痛み、不便さとはどのようなものか

    そして、外反母趾の手術のあとは痛いです。
    手術の直後だけではなく、丸二日程度は痛いのでそこは頑張るしか …

    続きを読む...

  • 外反母趾|外反母趾の手術痕の抜糸は、術後二週間程度が目安

    外反母趾の手術を終えた後の抜糸ですが、入院中に抜糸をすることはあまりありません。
    二週間後くらいに抜糸 …

    続きを読む...

  • 外反母趾|外反母趾の手術を終え、退院した後のフットケアについて

    では、外反母趾の手術を終え退院したならば、どのようにして自宅で過ごせば良いか?入院中は常に側にいてく …

    続きを読む...

お知らせ